便秘によく効く薬よりもお茶がおすすめ

便秘薬の種類

大便秘薬の種類は大きく分けて3種類

市販されている便秘薬も、病院で処方される便秘薬も、その種類は大きく分けて3種類に分類されます。 大腸や小腸の粘膜を刺激して腸内の蠕動運動を促すタイプで、服用してから効果が現れるまで比較的早く、人によっては強い効果を感じられる刺激性便秘薬(刺激性下剤)、大腸で水分を含むことで便のかさを増やすことで便意を促す膨潤性便秘薬(膨潤性下剤)、固くなってしまった便に水分や油分を含ませることで排便しやすくする浸潤性便秘薬(浸潤性下剤)の3種類です。

各便秘薬の注意点

刺激性便秘薬は効果が早く強いのが特徴ですが、大腸に刺激を与えてしまうため、腹痛や下痢などの副作用が考えられます。効果が強い分習慣性もあり、あまり続けて服用してしまうと便秘薬なしでは排便できなくなってしまう可能性も考えられるので、飲む量や頻度などをよく考えて服用する必要があると言えるでしょう。 膨潤性便秘薬は刺激性便秘薬と比べると副作用が少ないのが特徴ですが、塩類便秘薬や糖類便秘薬など、含まれる成分によっては服用を避けた方が良い人がいます。例えば塩類便秘薬は高マグネシウム血症を引き起こす可能性があるため、腎不全など腎臓疾患を抱える人には向かない便秘薬ですし、糖類便秘薬は糖分を多く含むので、糖尿病患者には向いていない便秘薬です。 浸潤性便秘薬も膨潤性便秘薬と同じく、効果が比較的穏やかで安全性の高い便秘薬ですが、肝臓疾患のある人や妊娠中・授乳中の人には向いていないものになります。

初めて便秘薬を試すなら

処方薬の場合は医師の診断を受けるので便秘薬を選ぶ必要はありませんが、市販薬で便秘解消をしたい場合、初めて市販の便秘薬を試すという場合は、効果が穏やかなタイプから試すことをおすすめします。効果の強い便秘薬は便秘解消する作用も強く、腹痛や下痢を伴ってしまうことも少なくありません。 また薬だけに頼らず、普段の生活や食事の内容を改善したり、適度な運動を取り入れる、ストレスを解消するなど、普段の生活で便秘の解消に導くことも大切です。

人気ランキング

桃花スリム

(頑固な便秘を根本から解決する便秘茶)

公式ホームページで詳しくを見る >> 桃花スリムについて公式ホームページで詳しく見る <<

ユーザー評価 9点/10点中

桃花スリム

  • お肌にも良い便秘茶を探している方に最適!!
  • 美容におすすめのハーブやキャンドルブッシュを配合!!
  • ビルベリー以上に栄養価の高い素材として注目されているマクイベリー!!

毎日のスッキリを実感したいけれど、美味しい物じゃないと続けられないという女性は多いです。 特に、スッキリの為には毎日続ける事が大きなポイントですから、美味しさと効果が実感出来ることというのは、とても大事なのです。 美味しさと感じられる効果で、10代から50代の幅広い女性に大人気なのが、桃花スリムです。

「毎日スッキリ出来なくて、特にひどい時には、お腹がポッコリ出てしまう程だったので、薬を使っていました。でも毎日薬を使うのは気が進まず、何か良い物は無いかと探して桃花スリムにたどり着きました。飲み始めてすぐにスッキリ効果を実感出来て、感動しました!それに、桃花スリムは普通のフルーツティの味なので、とても飲みやすかったです。」

公式ホームページで詳しくを見る >>> 桃花スリムについて公式ホームページで詳しく見る <<

するっと抹茶

(便秘・下痢 両方OK)

ユーザー評価7点/10点中

するっと抹茶は、抹茶独特の渋さや苦さはありません。 味のバランスは絶妙の美味しさで、毎日続ける事が苦痛になりません。 それに、ノンカフェインなので、お通じに悩みやすい妊婦さんでも安心して飲む事が出来ます。 成分としては、水溶性食物繊維の王様であるグア豆がメインです。 えんどう豆の一種で、医療現場で使用される高い信頼性のある成分です。 グア豆以外にも、桑抹茶による、カルシウム・カリウム・マグネシウム・ナトリウム・葉酸・ビタミンK・ビタミンA・ビタミンE等、多くの栄養も含まれているのも特長です。

はぐくみオリゴ

(妊婦・赤ちゃんにおすすめ)

ユーザー評価7点/10点中

はぐくみオリゴは腸内環境の改善に役立ちますが、医薬品ではなくオリゴ糖食品です。粉末状になっているので飲み物や食べ物に混ぜて、小さな赤ちゃんから妊婦さん、高齢者など性別も年齢も関係なく飲むことができます。 ダイエット中の人が気になるのはカロリーや糖分ですが、はぐくみオリゴには超難消化性のオリゴ糖もしっかり含まれているため、万が一たくさん摂取してしまった場合でも、不要な分は体外に排出されるようになっています。自然食品なので飲む量やタイミングを自由に調節できるのも魅力です。